中古マンションを中央区で購入する時の注意点

中央区の中古マンションは、新築のマンションに比べると価格的に安く購入できるメリットがあります。また、中古のマンションは新築のマンションと違い、現物を見て購入できるというのが最大のメリットです。不動産情報などを見て行く中で気になる物件があったら、是非内覧をしましょう。より多くの物件を内覧していくことで、物件を見る目も養われます。また、自分が何を重視したいのかも次第に分かってきます。そのため、気になる物件は、マンションだけにこだわらず、一戸建ても含めて色々見てみるのがおすすめです。ただし、内覧をするに際して、マナーや知っておきたいことがあります。特に、初めて内覧に出かける方は、分からないことも色々あるでしょう。そのためここでは、内覧時に注意したいことをリストアップしていきます。

内覧をするにあたって知っておきたいこと

中央区の中古マンションを内覧するにあたっては、予約をしなければなりません。内覧は、物件の担当の人がいないと行うことはできませんし、物件によっては、売り主さんが居住中の場合もあります。そうなると、売り主さん側の都合もあります。不動産屋さんから紹介してもらった物件は、不動産屋さんが手続きを行ってくれますが、ネット上から自分で見つけた物件は、自分で担当者に連絡を取らなければなりません。予約をしないで不動産屋に出かけても、その場で内覧できるケースはほとんどありません。不動産屋の担当者と話しをする時は、その物件を何故売却するのか、他にこの物件の検討をしている人がいるかどうかを確認しましょう。中古物件は早い者勝ちになるので、先に契約をした方が購入の権利を得ることができます。

売り主が居住中の場合の内覧の注意点

中央区の中古マンションの中には、売り主は物件が売れるまで居住中という場合があります。そういう物件を内覧する場合は、空き家を内覧する場合よりも注意が必要です。あくまで、人のお宅にお邪魔するということになりあすので、最低限のマナーは守らなければなりません。どこかの部屋を見たい時は、一言断ってから見せてもらいましょう。また、押し入れや物入を断りも無く勝手に開けてはいけません。居住中の物件の場合は、自由に中を見られないという制限がありますが、逆に家具などが配置してあるので、実際に居住した時のイメージが湧きやすいというメリットもあります。また、住んでいる方に、部屋の中で気になることや実際の住み心地についてなどを直接尋ねることができるというメリットもあります。