中央区で人気の中古マンションの要件

東京都中央区のマンションだけには限りませんが、現在人気のマンションの要件の一つにタワーマンションが入るでしょう。特に都心は土地の値段が高いので低層のマンションだと土地代が高く値段が高くなってしまいます。それに比べてタワーマンションは、階層が高い分土地の値段が安くなります。従って土地が高い場所では、このタワーマンションはかなりの人気の物件になります。そして、東京都中央区にもたくさんのタワーマンションが出来ています。そして、その中古マンションも多く存在しています。銀座エリアや八重洲エリアなどでは坪500万円級のマンションも存在しています。そして、つい最近マンションが建ち始めた晴海エリアでは、坪300万円程度のマンションが存在しています。

晴海エリアのマンションの特徴について

東京都中央区の晴海エリアのマンションの特徴は、タワーマンションで大規模なマンションであることが上げられます。駅から遠い分、この数年できたマンションにはすべてシャトルバスが出ております。このようなサービスを行うためには、大規模なマンションのほうが有利になります。そして、それ以外のこのエリアの特徴としては、海に面していますので開放的なマンションになっています。リゾートマンションのようなイメージもあるでしょう。そして、このエリアは今後交通の便がよくなります。今までは東京駅から近いのに交通の便が悪く安かった土地ですが、今後は交通の便がよくなれば、資産性の向上にもつながるでしょう。この資産性の向上につながる点に関しても人気のマンションになる一つの要素といえるでしょう。

その他のエリアのマンションの特徴について

晴海エリアの特徴は、交通の便が悪いけど、東京駅から近いリゾートマンションという特徴がありました。他のエリアは、交通の便がよくなります。ただ、その分値段が高くなっています。晴海エリアであれば3LDKを6000万円台で買うことも可能ですが、他のエリアだと3LDKを買うとなると1億近い金額が必要になってきます。商業エリアは近いので便利なのは間違いありませんが、その分高いことになります。このように、東京都中央区の中古マンションとしては晴海エリアがもっとも安い金額になります。都心3区内の中古マンションとしてももっとも安い値段で買えるマンションだといえるでしょう。交通の便は現状悪いですが、今後BRTや地下鉄の計画などがありよくなっていくことが想定されていますので、その点から資産性の面からも人気があるといえるでしょう。